デザイン住宅を選ぶ際に注意すべきこと

デザイン住宅を選ぶ際には、住み心地を十分にチェックすることが必要です。基本的に設計を依頼した家族が住みやすいように最適化されているので、万人にとって住みやすいとは限らないからです。間取りや家具の配置、使用する建材や室内空間の雰囲気など、かなり個性的となるのが理由です。見た目にいくらお洒落に感じたとしても、実際に手持ちの家具をどのように配することができるのか、家族それぞれが住みやすい間取りとなっているのかを確認する必要があります。また、住宅性能がきちんと確保されているのかどうか、チェックすることが大切です。デザイン性を優先して住宅性能が二の次となる物件も中にはあります。耐震性や耐久性がしっかりと確保されているか確認することが必要となります。

デザイン性の高い住宅は基本性能を確認すること

デザイン住宅はフルオーダーとなるために、予算が高くなりがちです。そのために予算を削るために基本的な性能が二の次となる物件も少なくありません。そこで購入を検討する物件があれば、必ず耐震性と耐久性をチェックすることが必要です。さらに断熱性がきちんと確保されているかどうか、エアコンの熱効率は高いかもチェックする必要があります。たとえ見た目がお洒落であっても、住みにくい家では意味がありません。また断熱性を十分に確保していなければ、エアコンの電気代などが高くついてしまいます。生活のランニングコストが割高とならない物件選びも大切です。デザイン性と機能性を併せ持つ設計となる住宅も多いものです。そのような機能性に優れた設計によるものを探すことがポイントになります。

メンテナンス費用がかからないか確認すること

デザイン住宅は、生活のランニングコストがかかるものです。光熱費が高くなったり、あるいはメンテナンスにお金がかかる物件もあります。外壁の素材にこだわるあまりに、外壁塗装がしにくい物件もあります。外壁塗装は建物を雨漏りから守る大切なものです。定期的に塗装をし直すことは必要なので、その費用ができるかぎりかからないようにする必要があります。壁がフラットな建物ならば簡単に塗装できますが、複雑な形状となると塗装費用も高くなります。さらに補修のために特注の材料を取り寄せるといった、余計なコストも発生します。できる限り汎用性の高い資材を使っていることも、デザイン住宅を選ぶ際のポイントになります。あまりに設計にこだわりすぎた家は維持費用も生活のランニングコストも高くなってしまいます。