被害を抑えるための大切な消防設備点検

消防設備点検は、決して誰でも行えるわけでもなく、きちんとした資格を所持している人にしか実施出来ません。年に2回行うことが決まりとして義務付けられています。もしもの時でないと使わないから大丈夫だと感じられるかもしれませんが、使用した時に機能の低下が発覚しても被害を最小限に抑えられなくなるので、定期的に確認しておくことが大事です。消火器をはじめ、スプリンクラーや消火栓などがそれにあたります。点検の結果は消防庁あるいは消防署にその都度報告しなければ、点検が完了したことにはならないので報告は忘れないようにして下さい。例外として点検が3年に1回で大丈夫な物もあります。実例として、長い期間使用していなかったことで点検時に劣化が発覚し、交換したケースが存在します。点検は、もしもの時のために欠かせないことです。

消防設備点検でガス漏れ警報設備

今の家庭の中にはガスを使わないところがあります。オール電化住宅ではお風呂、キッチンの調理も電気を使った器具を使います。ですからガスを使う元栓などを操作することはありません。しかし多くの家ではまだまだガスを使っています。ガスを使うことによってお風呂を沸かすことができ、お湯を沸かせて、さらには調理に使うことができます。便利なエネルギーですが、機器などが異常を発生させるとガス漏れになることがあります。ガスは火を燃やす気体ですから、漏れているときに着火すると一気に燃え広がる可能性があります。消防設備点検において行うことにガス漏れ警報器の点検があります。都市ガスの場合は天井付近に取り付けられることが多くなります。都市ガスは空気よりも軽いのでどんどん天井にたまるからです。プロパンガスの場合は床付近に取り付ける必要があります。プロパンガスは空気よりも軽いためです。ガスをきちんと認識しているかを確認します。

消防設備点検は業者に任せるのがオススメ

デパートなどの大きな商業施設内には、それ相応の数の消防設備が設置されていますが、1つ1つがいざという時に万全の効果を発揮してくれないと、被害を抑えられません。そのために法律で制定されているのが年に2回の消防設備点検です。これはきちんと点検した結果を報告しなければいけない義務があるので、大丈夫だと考えていても欠かすことは出来ません。また、点検を実行できる人も資格所有者に限られています。そのために点検時には有資格者の専門業者に依頼するのが一般的です。従業員の中にもし有資格者が居ても、業務で忙しい場合はそこまで手が回りません。業者にお願いすれば、その点全て向こうにお任せしながら業務に専念出来るので大変魅力的です。点検時にきちんと機能するか確認出来れば、その後もしばらくは安心です。放置していると劣化していく物ばかりなので、点検は必須だということが分かります。