デザイン住宅を建てる際の注意点をまとめました

デザイン住宅を建てるためには、まず設計事務所を選ぶことが必要です。ハウスメーカーや工務店とは異なり、フルオーダー住宅を設計できる事務所となります。それぞれに異なる特徴のデザインを設計するので、施主として希望するものと上手く合致する事務所を選ぶことが必要です。そのためには、まず過去にどのような設計を行ってきたのかをチェックする必要があります。デザイン性が高くても住みやすさが伴わなければ、意味がありません。また快適な居住性を維持するためのメンテナンス費用が高くなってしまうと、ランニングコストが負担になります。つまり設計事務所選びには好みのデザインであるかどうかと、住みやすさがどの程度確保されているのかをトータル的に判断する必要があるというわけです。

デザイン性の高さは施工費用の高騰につながる

デザイン住宅は、施主の希望を叶えるためにフルオーダーで設計した住まいです。そのデザイン性の高さは、設計費用の高さにつながります。どんな材料を選ぶのか、それをどのように加工するのかによって、予算は大きく異なります。また設計を行う設計事務所には、それぞれに得意とする分野があります。狭小住宅を得意とするところや、斬新なデザインを得意とするところなど様々です。施主の希望する住まいも人それぞれ異なりますし、それにうまく合致した事務所を選ぶことも大切です。それと同時に居住性も高く確保する必要があります。たとえお洒落なデザインであっても、耐震性が不十分であったり断熱性に問題があるようでは住みにくいものです。うまく住みやすさを確保しつつ、デザイン性を高める必要があります。

予算配分をどのようにするのかがポイント

デザイン住宅はこだわりが強いほどに多くの予算が必要になります。ある程度の限られた予算で満足度の高い家を設計するために、その予算をどのように配分するかがポイントになります。まず基本的な住宅性能はきちんと確保することが大事です。耐震性と断熱性を確保し、さらに耐久性を高めるために外壁にも予算を割く必要があります。その上で予算を削れる部分はどこかを検討することが大切です。建材のコストをどのように削減するのか、よく打ち合わせを行うことになります。また設計事務所は工務店と提携するところが増えています。これは施工費用を抑えるためですが、提携している工務店の技術力もしっかりとチェックしておく必要があります。腕の良い職人がいれば効率良く施工してくれますし、品質も高いので長く快適に住むことができます。